Category Archives: 過越

4月17日:過越し

10節から12節に、詩編作者は複数形をもちいています。しかし、突然に複数形が単数形になります。作者は一人の特別な者について話すのです。過越のセダーにイエス様がこの聖書箇所を通して語るように、サタンのことを指しているのでしょうか?

4月16日:過越し

日曜日の明け方早く、待ちかねた婦人たちは香油を持って墓に急ぎました。 着いてみると、どうしたことでしょう。 入口をふさいであった大きな石が、わきへ転がしてあるではありませ復活んか。 中へ入って見ると、主イエスの体は影も形もありません。

4月11日過越し

-種なしパンの祭り 過越の次の日、ニッサン月の15日、日暮れに種なしパンの祭りが始まります。 出エジプト記 12:17-20 この『種なしパンの祭り』を毎年行ない、いつも今日という日を、わたしがおまえたちをエジプトから救い出した日として記念せよ。子々孫々、この日を例祭としなければならない。これは法律だ。 この月の十四日の夕方から二十一日の夕方まで、イースト菌抜きのパンしか食べてはならない。 この七日間、イーストの一かけらも家にあってはならない。その間にイースト菌の入ったものを食べた者はだれでも、イスラエル人の社会から追放される。同じ規則は、いっしょに住んでいる外国人にも適用される。 イスラエルに生まれた者と全く同じである。 もう一度くり返す。この期間中はイースト菌を使ったものを食べてはならない。どこにいても、イースト菌を入れないパンだけを食事に出しなさい。」 神様がアブラハムにあたえた約束によって、神様はまったく約束されたとおりにイスラエルを奴隷から解放しました。神様はさらにイスラエルの旅路-自由への旅!-を照らすために満月の光を備えられました。イスラエルが旅を始めるために、彼らに光を与えるために満月が出たのです。  出エジプト記 12:40-42 ヤコブの息子たちとその子孫は、結局エジプトに四百三十年のあいだ滞在したことになります。エジプトを出発したのは、四百三十年目のちょうど最後の日でした。 この夜は、神様がイスラエル人をエジプトから連れ出すために、特に選ばれた夜です。 毎年その日が、神様の救いを記念する祭りの日となったのは、そういう事情があるのです。 ユダヤの民がエジプトから離れたように、イエス様は墓の中、すなわち金持ちのまだ新しい墓の中にいました。神様はユダヤの民を束縛と奴隷から引き離しました。イエス様は彼に従う人々を罪による束縛から引き離します。 イザヤ書 53:9 彼は罪人扱いを受け、金持ちの墓に葬られました。 しかし実際は、悪いことなど何一つしたわけでもなく、悪いことばを一度でも口にしたわけではありません。 ヨハネによる福音書 19:40, 41 二人はいっしょに、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料をしみ込ませた長い亜麻布でイエスのお体を包みました。 刑場の近くに、木の生えている園があり、そこには、さいわい新しい墓がありました。   イスラエルがイエス様にしたがい束縛から引き離されますようにお祈りください。

4月10 日:過越し

十字架の処刑 イザヤ書 53:4-8 ところが、彼が背負い込んだのは、実は私たちの悲しみであり、彼を押しつぶしたのは、私たちの嘆きでした。 私たちは、彼がそんなに苦しむのは、罪を犯して神様に罰せられているからだと考えていました。 しかし実際は、私たちの罪のために傷つき、血を流したのです。 彼は私たちに平安を与えようとして、進んで懲らしめを受けました。 彼がむち打たれたので、私たちはいやされました。 私たちは神様の道を踏みはずし、羊のようにさまよい出て、自分勝手な道を歩いてきました。 ところが神様は、私たち一人一人の罪を彼に負わせたのです。 彼は痛めつけられ、苦しみ、悩みました。 それでも、ただのひと言も口にしませんでした。 子羊のようにおとなしく屠殺場へ引いて行かれ、毛を刈り取られる羊のように、非難をあびせかける者たちの前に黙って立ちました。 人々は彼を裁判にかけ、死刑場へ引き立てました。 はたして、彼が死ぬのは自分たちの罪のためであり、身代わりに刑罰を受けて苦しんでいることを知っていた者が、その当時いたでしょうか。 詩篇 22:1, 11、14-18 わが神、わが神、なにゆえわたしを捨てられるのですか。なにゆえ遠く離れてわたしを助けず、わたしの嘆きの言葉を聞かれないのですか。 わたしを遠く離れないでください。悩みが近づき、助ける者がないのです。わたしは水のように注ぎ出され、わたしの骨はことごとくはずれ、わたしの心臓は、ろうのように、胸のうちで溶けた。 わたしの力は陶器の破片のようにかわき、わたしの舌はあごにつく。あなたはわたしを死のちりに伏させられる。 まことに、犬はわたしをめぐり、悪を行う者の群れがわたしを囲んで、わたしの手と足を刺し貫いた。 わたしは自分の骨をことごとく数えることができる。彼らは目をとめて、わたしを見る。 彼らは互にわたしの衣服を分け、わたしの着物をくじ引にする。 イザヤ書 53:10, 11 彼を傷つけ、悲しみで押しつぶすのは、実は神様の計画だったのです。 罪が赦されるためのささげ物として、そのたましいをささげる時、彼は多くの子孫を見ることができます。 しかも彼は復活するので、神様の計画は彼の手によって陽の目を見ます。 彼は、自分のたましいが苦しみもだえた末、神様のみわざが実現するのを見て、すっかり満足します。 わたしの正しいしもべは、このような苦しみを経験して、多くの者を神様の前に無罪とする。 彼が人々の罪をいっさい負うからだ。  ヨハネによる福音書 19:16-19 これでは、しかたがありません。 ピラトもあきらめ、十字架につけるため、イエスをユダヤ人に引き渡しました。 十字架につけられ、埋葬されるイエス ついに、イエスはユダヤ人たちの手に落ちたのです。 イエスは、十字架を背負わされ、エルサレム市外の、「がいこつ」〔ヘブル語で「ゴルゴタ」〕という場所へ引っ立てられて行かれました。人々はそこで、ほかの二人といっしょにイエスを十字架につけました。 イエスは真ん中、二人はその両側に。 ピラトは、イエスの頭上に、「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と書いた罪状書きを掲げました。  ルカによる福音書 23:32-34 イエスだけでなく、ほかにも二人の犯罪者が、「がいこつ」と呼ばれる場所で処刑されるために、引き立てられました。 刑場に着くと、いよいよ十字架刑です。 イエスは真ん中に、二人はその両側に……。 その時、イエスはこう言われました。 「父よ。 この人々をお赦しください。 自分たちが何をしているかわかっていないのです。」 兵士たちがさいころを投げて、イエスの着物を分け合うのを、  ヨハネによる福音書 19:28-30 こうして、何もかもすっかり終わったことを知ったイエスは、「わたしは渇く」と言われました。 これも 聖書(旧約)のことばどおりの出来事です。 そこには、ちょうど酸っぱいぶどう酒のつぼが置いてあります。 人々は、海綿を浸し、ヒソプの枝の先につけて、イエスの口もとに差し出しました。 それをお受けになると、最後に「何もかもなしとげた」とひと言叫ばれ、息を引きとられたのです。  ルカによる福音書 23:44-47 その時です。正午だというのに、突然、あたりが暗くなり、午後三時まで、そんな状態が続きました。 太陽は光を失い、神殿の幕が、なんと真っ二つに裂けたのです。その時イエスは、大声で、「父よ。わたしの霊をおゆだねします!」と叫ばれたかと思うと、息を引き取られました。刑を執行していたローマ軍の隊長は、不思議な出来事を見て、神への恐れに打たれ、「確かに、この人には罪がなかった」と叫びました。  詩篇 22:23, 27, 28, 31 声を大にして語ります。「主を恐れる人たちよ、主をほめたたえよ。主の名を恐れ、敬え。イスラエルのすべての人よ、主に向かって賛美の歌をうたえ。 それを目のあたりにした全世界の人々は、主のもとに立ち返るでしょう。あらゆる国民が主を礼拝するでしょう。 主は王であって、国々を支配します。 のちのちの世代もまた、主が私たちのためになさったすべての奇蹟のことを聞くでしょう。    世界中の人々が静まってキリストの十字架の受難を考えるひと時が与えられますように祈りましょう。