Category Archives: 贖い&救い

10月18日: 贖いと救い

エレミヤの時代のように、イスラエルの多くの人々は、神を畏れず、背向いています。エレミヤの時の悔い改めというのは、モーセの律法に戻ることでしたが、現在ではイエスを信じることをとおして、神の恵みに戻ることです。イエスのみが神の赦しの道なのです。イエスへの信仰だけがイスラエルの反逆の繰り返しを断ち切れるのです。

8月26日: 贖いと救い

神様は、イスラエルに将来すべての抑圧者からの解放の約束に加えて、霊的注意を呼び掛けています。現在もこの同じ呼びかけが必要なのです。イスラエルの多くは、霊的戦いに疲れています。実際イスラエルは軍事的、情緒的、政治的に攻撃されるのです。イスラエルの救い主であるイエスを拒んでいるから、イスラエルは落胆し、混乱に落ち入るのです。

8月18日:贖いと救い

神様はだれも止めることができない計画があります。神様の語られたことは必ず成就します。イスラエルがイェシュアが王として清められた土地と人々を治める聖なる都となる時にすべてのイスラエルへの戒め、国々に対する裁きは終わります。

8月16日:贖いと救い

ヨシヤ王は南王国(ユダ王国)のもっとも良い王の一人でした。彼は人々に悔い改めて主に立ち返るよう呼びかけました。彼は人々が偽りの神々を拝み最悪な反逆の行動を行った高いところを滅ぼしました。しかし、人々の悔い改めは真実なものではなかったので、すぐに自分たちの悪の道に戻ってしまいました。神様はユダに対して反逆の罪に加え、100年も早く悔い改めを拒んだため滅ぼされた北王国を目で目撃した証人としての責任をも問いかけました。

8月6日: チシュバブ

主の愛と恵みは続けてイスラエルと全ての人たちに、開放、救い、そして贖罪の道を与えてくださっています。主の備えを受けられる条件はただ一つ、イェシュアの贖いの信仰をもって、恵みで受けることです。

7月1日: ヤコブの悩み ー 贖いと救い

死後の永遠の命について、はっきりと聖書に書いてあるのです。永遠に神と供に喜んでいるか、永遠に神から離れて悔しさに歯ぎしりするか、永遠への選択はこの地上での生き方によるのです。

6月30日: ヤコブの悩み ー 贖いと救い

ユダヤ人の中で3分の2は神の救いから離れて死んでしまうということは、ユダヤ人とイスラエルを愛するものに理解し難いことなのです。彼らが死ぬことが悲劇ではなく、イエスにある信仰を持ってないまま死んでしまうことなのです。

6月29日: ヤコブの悩み ー 贖いと救い 

預言者を通して現す神の警告をよく知って、それを信じている人のみが、イスラエルやユダヤ人に警告の警報音をならすことが出来るのでしょう。神様の約束は常に100%正確であるため、信じない理由も警報を鳴らさない理由もないのです。