シリーズ, ヤコブのトラブル, 神のユダヤ人との特別な関係

5月24日: ヤコブの悩み – 神様とイスラエルとの独特な関係 神様は忘れないのだ。 神様はイスラエルを悲惨な状況から救い出したように、私たちを死から命へ導いてくださったことに、喜んでいます。しかしもう一度、苦難の時を向かわなければなりません。この時は、イスラエルにくださったご約束を神様は守らないのではないか、と思われるほどの苦しい時です、実際多くの人々はあの嘘を信じるのです。しかし神様は、ご自分の大切な長男を忘れることはありません。 Isaiah 49:14-16 But Zion said, “The Lord has forsaken me, And my Lord has forgotten me.” “Can a woman forget her nursing child, And not have compassion on the son of her womb? Surely they may forget, Yet I will not forget you. See, I have inscribed you on the palms of My hands; Your walls are continually before Me. イザヤ書‬ ‭49:14-16 「しかしシオンは言った、「主はわたしを捨て、主はわたしを忘れられた」と。 「女がその乳のみ子を忘れて、その腹の子を、あわれまないようなことがあろうか。たとい彼らが忘れるようなことがあっても、わたしは、あなたを忘れることはない。 見よ、わたしは、たなごころにあなたを彫り刻んだ。あなたの石がきは常にわが前にある。」 ‭‭ May God’s faithfulness to Israel bring comfort to all who doubt and to all who believe. He is faithful! PRAY FOR ISRAEL TO TRUST IN THE LORD GOD AND HIS MESSIAH, YESHUA. 真実な神様は、信じる者や不信な者にも、平安をくださるお方です! イスラエルが神様を信頼し、メシヤなる神の子イエス様を信じるよう祈りましょう。

この時は、イスラエルにくださったご約束を神様は守らないのではないか、と思われるほどの苦しい時です、実際多くの人々はあの嘘を信じるのです。しかし神様は、ご自分の大切な長男を忘れることはありません。

Read More
シリーズ, ヤコブのトラブル, 神のユダヤ人との特別な関係

5月22日: ヤコブの悩み – 神様とイスラエルとの独特な関係

イスラエルの不信 昔も今もあまり変わらないです。 エレミヤ書‬ ‭2:9-13‬ ‭ 「それゆえ、わたしはなお、あなたがたと争う、またあなたがたの子孫と争う」と主は言われる。 「あなたがたはクプロの島々に渡ってみよ、また人をケダルにつかわして、このようなことがかつてあったかをつまびらかに、しらべてみよ。 その神を神ではない者に取り替えた国があろうか。ところが、わたしの民はその栄光を益なきものと取り替えた。 天よ、この事を知って驚け、おののけ、いたく恐れよ」と主は言われる。 「それは、わたしの民が二つの悪しき事を行ったからである。すなわち生ける水の源であるわたしを捨てて、自分で水ためを掘った。それは、こわれた水ためで、水を入れておくことのできないものだ。」 ‭‭ ‭‭エレミヤ書‬ ‭2:19‬  「あなたの悪事はあなたを懲らしめ、あなたの背信はあなたを責める。あなたが、あなたの神、主を捨てることの悪しくかつ苦いことであるのを見て知るがよい。わたしを恐れることがあなたのうちにないのだ」と万軍の神、主は言われる。」 ‭  イスラエルがイエスへの信仰をとおして恵みを受け、神様のことばに戻りますように祈りましょう。

Read More
シリーズ, ヤコブのトラブル, 神のユダヤ人との特別な関係

5月20日: ヤコブの悩み ー 神様とイスラエルとの独特な関係

貧しい者への無関心 イスラエル都心部はとても対照的です。莫大な富が街を圧迫して貧困が広がるのです。イザヤの時代から今日に至るまで、金持ちには貧しい者が目に入らないのです。税金を通して町をきれいにしますが、多くの貧しい者は食べるものがないのです。 イザヤ書‬ ‭3:13-23‬  「主は言い争うために立ちあがり、その民をさばくために立たれる。 主はその民の長老と君たちとをさばいて、「あなたがたは、ぶどう畑を食い荒した。貧しい者からかすめとった物は、あなたがたの家にある。 なぜ、あなたがたはわが民を踏みにじり、貧しい者の顔をすり砕くのか」と万軍の神、主は言われる。 主は言われた、シオンの娘らは高ぶり、首をのばしてあるき、目でこびをおくり、その行くとき気どって歩き、その足でりんりんと鳴り響かす。 それゆえ、主はシオンの娘らの頭を撃って、かさぶたでおおい、彼らの隠れた所をあらわされる。 その日、主は彼らの美しい装身具と服装すなわち、くるぶし輪、髪ひも、月形の飾り、 耳輪、腕輪、顔おおい、 頭飾り、すね飾り、飾り帯、香箱、守り袋、 指輪、鼻輪、 礼服、外套、肩掛、手さげ袋、 薄織の上着、亜麻布の着物、帽子、被衣などを取り除かれる。」 ‭‭イスラエルのリーダー達が貧しい者や助けを必要としている者に神の憐れみを示すように祈りましょう。 Sarah Hanna Rigler reunited with her rescuers British POWS Sarah was part of a January 1945 death march of 1200 women from a concentration camp to the Baltic coast with her mother and sister. Only 300 remained alive when […]

Read More