Category Archives: 休日

10月11日:秋の祝祭

喜びのいけにえー 仮庵の祭はふたつのユニークなことで特徴的です。 * 大いなる喜び : 神様は三回喜ぶように言いました。 * いけにえの数 旧約聖書: 民数記 29:12-16、35-39 七月の十五日に聖会を開かなければならない。なんの労役もしてはならない。七日のあいだ主のために祭をしなければならない。 あなたがたは燔祭をささげて、主に香ばしいかおりの火祭としなければならない。すなわち若い雄牛十三頭、雄羊二頭、一歳の雄の小羊十四頭をささげなければならない。これらはみな全きものでなければならない。 その素祭には油を混ぜた麦粉をささげなければならない。すなわち十三頭の雄牛には一頭ごとに十分の三、その二頭の雄羊には一頭ごとに十分の二をささげ、 その十四頭の小羊には一頭ごとに十分の一をささげなければならない。 また雄やぎ一頭を罪祭としてささげなければならない。これらは常燔祭とその素祭および灌祭のほかのものである。
第八日にはまた集会を開かなければならない。なんの労役をもしてはならない。 あなたがたは燔祭をささげて主に香ばしいかおりの火祭としなければならない。すなわち雄牛一頭、雄羊一頭、一歳の雄の全き小羊七頭をささげなければならない。 その雄牛と雄羊と小羊とのための素祭と灌祭とは、その数にしたがって定めのようにささげなければならない。 また雄やぎ一頭を罪祭としてささげなければならない。これらは常燔祭とその素祭および灌祭のほかのものである。 あなたがたは定めの祭の時に、これらのものを主にささげなければならない。これらはあなたがたの誓願、または自発の供え物としてささげる燔祭、素祭、灌祭および酬恩祭のほかのものである』」。   各日、犠牲物の数は減りました。毎日の供えに加えて、この祭の終りの七日に総合して次のように捧げました。 * 14 牡羊 * 98 牡羊 * 70 雄牛 喜びと自己犠牲こそが真の礼拝です。   エルサレムの平和のため、イスラエルが喜びと真の心で主を拝みますようにお祈りください。